fc2ブログ
6歳息子の反応ぶり
子供が生まれて、『いつかこの子がお話ができるようになったら、私の頭のことを何て言うかな』と常々思っていました。
いや、正直に言うと、いつかぽろっと悪気なく、何気なく、ママは頭が落ち武者、的なことをけらけら笑って皆の前で言うことがあるんじゃないかなという不安が漠然とあります。子供は思ったことを口にしますもんね。

夫には素頭を見せていない私ですが、普段子供とは素頭やキャップを被って過ごしています。
そのせいか、5歳を過ぎた頃から夫が帰る頃玄関のチャイムが鳴ると「あ!ママ早く頭、頭!」なんて言ってくれます。

息子には「ママは元気いっぱいなんだけど、なぜだか髪の毛が抜けちゃう病気になったの」と伝えてきました。
「髪の毛がなくてもママはママだからね」というと、息子は「このママもかわいい」なんて答えてくれます。
息子が自分も将来こうなるんじゃ、なんていう不安を一抹でももってほしくないので、いつも付け加えるように
「ママだけだからね。○○くんはこうならないから大丈夫だからね」とも言っています。

今息子は6歳になり、日伊どちらの言葉も間違いは多いものの、なかなかのおしゃべりになりました。
今までのところ、私の頭のことを誰かに言ったことはありません。
子供ながらにとても気を遣ってくれているのか、他人に言うことじゃないと思っているのか、まだまだ幼いのか、たまたまそういう状況に出くわしていないからか、いやいや心の優しい子に育ってくれているのかなぁと思ってみたり。親ばかですね!

円脱になった私は、自分の子供に「人の痛みを想像できる人に育ってほしい」ということを強く思っていて、決して見た目や何かでけなしたり馬鹿にしたりすることのないように、と思っています。
人の弱点と思われるようなところを突かないように、できればそれを大きく包むような、もっと言うなら、一見弱点と思われることを弱点と思わない人になってほしいなと思うのです。
それは他人に対しても、自分自身に対しても。
私はこの落ち武者のような頭で、ウィッグを被っていることを弱点のように思っていますが、別にそんなことなんともない!はずなんです。これを含めて今の私があるわけだし。かといって、バーンとウィッグをとって生活しようとは思いもしませんが(笑)

なんだかまとまりがなくなりましたが、結論は、「息子6歳、今までママの頭の秘密を誰にも言ったことはない」です。
こんなこと書いておいて、明日言ってるかもしれませんけれども。。



☆読んで下さってありがとうございました。
円形脱毛症のこと、私なりの形ですが、広く知っていただけたら幸いなので、ランキングに参加してみました。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 髪の毛の病気へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[2018/04/13 02:32 ] | 円形脱毛症のこと | コメント(4) | トラックバック(0)
<<インナーキャップ難民 | ホーム | 現在のこと>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2018/04/13 09:45] | | # [ 編集 ]
キキララさん、こんにちは。

そうですね。私もそう思います。自分がしたことは返ってくると思うので。。
実際にそういう人を目の前にすると、本当に腹が立ちますよね。だからなるべく、そういうタイプの人とは関わりたくないですが。

ウィッグは帰国した際に買うことにしていますが、お店だと散々話した挙句に購入に至らなかったら悪いな、とか、素頭見せ損だなとか(笑)、つい余計なことを考えてしまうんですよね。
いつも通販で購入しているお店も直接伺うことができるようなのですが、ちょっと遠くて。いつかはお礼も兼ねて伺って、似合うスタイリングを作っていただきたいなと思っています。
[2018/04/16 18:21] | URL | endatsumama #- [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2020/06/30 22:02] | | # [ 編集 ]
ドイツさんへ

コメントありがとうございました。
久しぶりにここへ来たら、まさかの自分のブログにログイン出来ず、急遽こちらへ投稿することにしました。すみません。気づいてもらえるかな。。

分かります。抜ける最中って本当に先が見えなくて恐怖ですよね。あぁ、ハグしたいくらいです。
抜ける時って、その事がまた新たなストレスになってしまったりしますしね。
私は相変わらず落ち武者のように抜けている部分と残っている部分があります。ウィッグは外せません。
でもドイツさんは完治もされたこともあるし、私よりずっと希望があると思います! 私も一時期左眉毛の一部が抜けてしまったことがあったのですが、いつの間にか元通りになりました。渦中は本当にどんよりとした気分でした。
大丈夫だよとは、軽すぎてとても言いませんが、なるべくあんまり悪いように考えないようにしてくださいね。
いざという時にはかわいいウィッグもあります。私もいつでもお話聞きますから、ウィッグ先輩がここにいると思って、どうかあまり気を落とされませんように!
[2020/07/01 04:57] | URL | 円脱ママ #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://endatsumama.blog.fc2.com/tb.php/100-6cfa0d9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |