fc2ブログ
イタリアでママ友
3年間の息子の幼稚園生活で、イタリア人のママ友は結局できませんでした。
『ま、いつかは気の合う人が見つかるかな』と笑顔で挨拶することは欠かさず、気楽に構えていたのですが・・・結局できませんでした。なんだか寂しいような、切ないような、どうでもいいような(笑)

お誕生日会が頻繁にあったので、なるべく出席して溶け込む努力もしてきたつもり。
でも、やっぱりバックグラウンドの違い、相手の外国人に対する偏見、忍耐力(母語でない人のイタリア語を聞いてあげる)・・・日本人同士でも初対面から会話を盛り上げるのって難しいけれど、これは外国人相手となると更に難しいなぁと痛感しました。
日本に興味のある人が相手だとハードルは下がりますが、そういう人は稀で、逆にアジア人なんて「ふん!」という人もいるのが悲しい現実。
子供が楽しければそれでいいと、なるべく連れて行きましたが、本当に私には毎回修行のような2時間でした。
一人だって平気な自分を演じ、菩薩の笑顔で子供を見守り、時々ビュッフェに飲み物や軽食を取りに行ったり。
でも何度も行くと『ほら、あの日本人あんなに食べてる』と思われそうで、無理して控えめにしてみたり。
気にしすぎかもしれないけれど、あながち外れてもなくないような。
本当に修行の3年間だったなぁ。
ママ友って相手との相性だから、運によるのだろうから私のせいじゃない、私はよく頑張ったはずと思っています(笑)

今は小学生になってクラスも変わったので(幼稚園の3年、小学校の5年間クラス替えはないのです)、またママたちの雰囲気も変わりました。あんまり馴染めてないのは変わりないけれど、前に比べたら随分いいです。
先に嫌なことがあると、同じようなことでも比較したら良く思える。人生って前に前に希望があるのかもしれないですね。




☆読んで下さってありがとうございました。
円形脱毛症のこと、私なりの形ですが、広く知っていただけたら幸いなので、ランキングに参加してみました。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 病気ブログ 髪の毛の病気へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[2018/04/23 20:28 ] | イタリアでの出来事 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | インナーキャップ難民>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://endatsumama.blog.fc2.com/tb.php/102-ec194e24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |